Life in Lake Side by Astechno

写真、グルメ、旅行など好き勝手に取り上げています

冬の味覚…播磨の牡蠣. @津田宇水産

約2年ぶりに播磨の牡蠣を食することができた。コロナ禍で昨年は諦めたが、オミクロンが蔓延している状況であったが今年は何とか実現した。本当は牡蠣のバーベキューをやりたかったが、流石に複数人で行くのは憚るので単独での訪問となり、どの店にするか迷ったが、最近できたと思われるこの店を選んだ。11時過ぎにも関わらず結構な人が入っていたが席は確保することが出来た。この店のやり方は最初に受付で席の指定があり、その後食べたいものをレジで注文して前精算する。今回注文した焼牡蠣3種は後から席に運んできてもらった。

 

f:id:Astechno:20220115185630j:image

この焼き牡蠣はガーリックやバジルのソースで味付けされており、大変美味しかった。正直もう1人前欲しい所だったがそこは我慢。

f:id:Astechno:20220115191000j:image

播磨の風景。 海と空が大変きれい。

f:id:Astechno:20220115191009j:image

 

 

今年も年始は和歌山、白浜

冬場の避寒地としては同じ関西圏では何と言っても白浜。

眩しい太陽の光と温暖な空気、それと温泉、海鮮料理。。。。

所要時間3時間くらいでこのような南国リゾートを楽しめるのは大変有難い。

f:id:Astechno:20220103174457j:image

f:id:Astechno:20220103174506j:image

太平洋に沈む夕陽

 

今回も宿泊したのは東急ハーヴェスト南紀田辺。 ここは既に過去2回宿泊したことのあるホテルだが、田辺市と白浜温泉街の中間あたりにあり、周辺は騒がしくないが落ち着いた雰囲気で気に入っている。特にこのシーズンは、正月を除けば比較的安い価格で利用できる。 温泉もあるので冬場の週末にリラックスするには最適な所。 ホテル敷地内にには東急が展開する会員制リゾートマンションも併設している。

f:id:Astechno:20220105122534j:image

朝食はビュッフェでこんな感じ。昨年はコロナ禍でビュッフェがなく、持ち帰り弁当のみだったので、やはり嬉しい。全部の種類は到底試せないがどれも平均以上のレベルだった。

 

かるた祭りで有名な近江神宮

自宅から徒歩で15分くらいの所に新年のかるたとりで有名になった近江寺神宮がある。 神社の佇まいからして古そうに見えるが創建されたのは1940年と以外にも新しい。 祀っているのは近江大津京を作った天智天皇

f:id:Astechno:20211219150443j:image

f:id:Astechno:20211219150437j:image

 

 

皇子山公園もみじ夜景

自宅近所の皇子山公園には紅葉が多く植わっている公園があり、意外にもこの公園の風景は地元民以外には知られていないため、静かに紅葉鑑賞ができる。流石に夜間のライトアップまではされていないが、公園の街灯と園内の野球場のライトを使って撮影ができる。

f:id:Astechno:20211130081255j:plain

大津京の街中を眼下に。

f:id:Astechno:20211130081348j:plain

街灯を使ってなんとか紅葉の色を浮き出す。

f:id:Astechno:20211130081454j:plain

隣の野球場のライトを反映して。

やはり夜間であり長時間露光になると3脚は必須で、今回1脚で撮影したためどうしてもブレを防ぐのが難しく限界を感じた。